愛犬が飼い主さんの近くで寝る際の心理が「飼い主さんを守りたい」です。
犬は警戒心の強い動物です。
本来の野生の頃の習性として群れで生活してた際に寝る時はお互いを守るよ
うにしてお尻をくっつけて眠っていました。

そのため、特にお尻を飼い主さんに向けて足元の辺りに眠っていたら飼い主さん
が寝ている間は守るという気持ちで眠っているのかもしれません。

最近ワンちゃんの周りで何か警戒心を与えてしまう出来事が起きていたらそれも
関係している可能性があります。

その出来事によってワンちゃんは些細なことにも警戒するようになってしまい、
大切な仲間である飼い主さんのことも守りたいと思うようになって寝る際に無防備
になってしまうことから安心して眠れるように「守りたい」という気持ちになったということです。

いずれにしても、愛犬と飼い主さんの間に強い信頼関係がなければ
このような気持ちをワンちゃんは抱かないと思います。

寝る場所によっての愛犬の気持ち